ワイルドオートのフラワーエッセンス – Cさんの体験

2022年9月16日

ワイルドオート…Cさんの体験

SEED1、2を通して、私が一番印象に残る経験をしたフラワーエッセンスは、ワイルドオートです。なぜならば、その作用が最初自分が意図していたものと違い、思いがけない気づきへと導き、結果、自分にとって大切なものを知るきっかけとなったからです。

最初にワイルドオートを服用しようと思ったのは、日々とても忙しく、自分にとって必要でないことまで必要と感じてやり過ぎていると感じていたからです。それで、オリーブ、ホーンビーム等と合わせて2ヶ月間、服用しました。今思えば、日常の表面的なことにばかり気を取られて、魂にとって大切なことに向き合えていなかったのだと思います。

オリーブやホーンビームの助けもあり、日常の疲労感も軽減されてきたところで、浮上してきたのが、自らのセクシュアリティに関することでした。これは自分の全く意図していなかったことで、驚きました。

セクシュアリティに関して、学生の頃から、自分はどこかおかしい、他者とわかり合うことができないという思いがありました。数年前に、自分がパンセクシャルであることを自覚しましたが、無理解から傷つくことを恐れ、それをわざわざ公言して他者と繋がって生きようという気にもなれませんでした。

ワイルドオートを服用し始めてから、自らのセクシュアリティに嫌という程、向き合わされることが多々起きました。また、これまでそれ程気にならなかったのに、あからさまに女性扱いされたり、異性愛者であることを前提に話をされると、ひどく苦痛を感じるようにもなりました。

そして漸く、自分はこれまでずっと、自分の自然なあり方を否定して生きてきたのだと、気づくことができました。ふと、自分と同じ境遇や悩みを抱えている人が沢山いるのではないかと思い、ネットで調べたり、そうした人達が集う場に足を運ぶようにもなりました。そうしたら、自分はどこもおかしくはないし、ひとりではないということに初めて気づくことができて、涙が溢れました。

思えば、自分のこれまでの活動の根底には、セクシュアリティの問題がありました。それをずっと無意識に見て見ぬ振りして、人生を複雑にしてきたように思います。私はワイルドオートの服用を通じて、自分の自然なあり方を知る、そして、自分の身を置く場所を理解することの大切さに気づくことができました。これは、私のこれまでの人生の中で大きな転機となり、とても印象に残る経験となりました。

補足

上の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室の講座SEED-BACH2を受講された方の修了レポートです。講座と講座の間にフラワーエッセンスを約4週間継続して服用し、その変化にていねいに向き合うという形で、フラワーエッセンスを使ったときの経験が書かれています。

公開可能なものを受講者の方の了解を得て公開しています。書籍では学べない生きた情報として参考にしていただけると幸いです。公開を了解してくださった方々に心から感謝します。

一般公開レポート ⇒ フラワーエッセンス体験談 – 最も印象に残ったフラワーエッセンス

★「バッチのフラワーエッセンスを体験的に学ぶ」⇒ SEED-BACH1

★「バッチのフラワーエッセンスを体系的に学ぶ」⇒ SEED-BACH2


読んでくださってありがとうございます。もし、この情報が心に響いたら、下の💚のボタンを押していただけるとうれしいです。