ヤロウ観察会

@大阪市立大学附属植物園

+ウェブ講座

花の姿かたちから学ぶ

ヤロウのフラワーエッセンスは、

FESのフラワーエッセンスの中で重要な位置を占めるエッセンスの1つで、

自分と人との境界など、

「境界」のテーマに取り組む際には欠かせないエッセンスです。

 

植物としてのヤロウは、非常に繊細な面をもちながら、

同時に中心のしっかりした強さをもっています。

 

境界とヤロウの特徴についてウェブ講座で学んだ後、

実際にヤロウに触れ、形や色を体感することで、

ヤロウの「あり方」が私たちの内面で生きたものになることを目指します。

 

ウェブ講座+観察会の構成

事前に、ウェブ講座(リアルタイムの参加、または録画の視聴)で「ヤロウと境界」について解説します。それを観察会で実際に植物に触れて確かめ、さらにその形や色を左脳だけではなく右脳モードで体感することを目指します。

ウェブ講座

6月12日(水)20時~21時15分:パート1
1.「境界」について(自分と人の境界、普段の生活で起こること、境界の成り立ち)
2.境界と内面の子ども

6月18日(火)20時~21時15分:パート2
3.ヤロウの姿かたちとその特徴
4.ヤロウが表現する境界のあり方

※ウェブ講座はこの日時以外に録画で視聴することができます。
※ウェブ講座のみの参加も可能です。
※連続講座「ヤロウと境界」を受講された方は、このウェブ講座を復習として使っていただくことができます。(割引あり)
※順番や内容の一部は予告なく変更になる場合があります。

観察会

6月22日(土)10~15時
※もしかしたらヤロウの開花には少し早いかもしれませんが、夏至の日に合わせました。
※雨天の場合の予備日:7月6日(土)
大阪市立大学理学部附属植物園

ヤロウから学ぶ

私たちは普段「境界」についてあまり意識していないことが多いかもしれません。

たいていは育った環境の中で無意識のうちに身につけた反応の仕方で振舞っています。

その結果自分の中心にいることが難しく、周りのことを敏感に感じ取って消耗してしまったり、人から境界を越え侵入されて自分のスペースを守るのが難しかったり、いつも自分が犠牲になっているような無力感を感じるといったことが起こることがあります。

ヤロウのエッセンスはこのようなときに助けになるのですが、繊細さと強さを併せもつ植物のヤロウの姿かたちからも、そのあり方を学ぶことができます。

大阪市立大学附属植物園

大阪市立大学附属植物園には、バッチのフラワーエッセンス関連の植物がたくさんあります。チェリープラム(ミロバランスモモ)、オーク(ヨーロッパナラ)、ホーンビーム(セイヨウシデ)、ホワイトチェス ナット(セイヨウトチノキ)なども観察することができます。

ヤロウを丹念に観察

ゲーテの自然観察のアプローチを土台に、ヤロウを丹念に観察し、スケッチします。植物と私たち人間が共有する「自然」を、形や色を通して体験的に学びます。

観察会当日のスケジュール

2019年6月22日(土)
10時~15時(途中休憩45分程度)

※参加人数によっては2つのグループ(G1とG2)に分かれて観察の予定です。

10:00:集合・植物観察について
10:15~:ヤロウについての解説
10:45~:

G1:エッセンス関連の植物を観察・移動
G2:ヤロウを観察・スケッチ

12:15~:お昼休憩
13:00~:

G1:ヤロウを観察・スケッチ
G2:エッセンス関連の植物を観察

14:30~:経験をシェア
15:00:終了・解散

※集合場所:受付を入ったところの管理棟の横。
※お昼を挟んでの観察会になりますので、軽いお弁当やおやつを持参してください。
※スケジュールの順番や時刻は予告なく変更になる場合があります。

 

ウェブ講座参加方法

インターネットグループ会議システムZoomを使用します。

Zoomはお申し込み後にお送りするアクセス先のリンクをクリックするだけでグループ会議に参加できます。

パソコン以外に、iPhone、iPad、スマートフォンでも参加できますが、WiFiなどに接続できるところでご視聴いただくか、データ通信の契約状況をご確認の上ご参加ください。

定員

ウェブ講座:特になし

観察会:14名程度

観察会会場

大阪市立大学理学部附属植物園

アクセス

・大阪方面から:京阪電車・淀屋橋もしくは京橋駅→枚方市駅(交野線に乗り換え)→私市駅下車
・京都方面から:京都地下鉄の三条京阪駅もしくは近鉄京都線の丹波橋駅にて、京阪電車に乗り換え→枚方市駅(京阪電車交野線に乗り換え)→私市駅下車

京阪交野線「私市(きさいち)」下車、徒歩約6分。(駅の改札を出て20~30メートルまっすぐ歩く。突き当りを右へ。住宅街の中の坂道を下っていくと信号があります。信号を渡って川を渡ると目的地。)

※入園料350円が必要です。

教材

1.事前のウェブ講座(ライブ、または録画)

6月12日(水)20時~21時15分:パート1
1.「境界」について(自分と人の境界、普段の生活で起こること、境界の成り立ち)
2.境界と内面の子ども

6月18日(火)20時~21時15分:パート2
3.ヤロウの姿かたちとその特徴
4.ヤロウが表現する境界のあり方

2.当日の資料:植物園内のフラワーエッセンス関連の植物とヤロウに関する写真と情報、フラワーエッセンスの性質についての解説入り冊子(A4 20ページ前後)を配布。

観察会資料

参考:他の観察会の資料

観察会で準備していただくもの

・筆記用具
・ものさし
・クリップボード
・スケッチブック(小さいサイズでOK)、色鉛筆、絵の具など好きな画材
・敷物、携帯用の椅子など
・ルーペ
・歩きやすい靴
・紫外線対策、熱中症対策

※その他、ご自身のニーズに合わせてカメラなどをお持ちください。
※別途入園料200円が必要です。

6/22が雨天の場合

・少雨の場合は開催します。風雨が強い場合は7/6(土)に延期となります。その場合は前日にお申し込みをいただいた方に大まかな方針をメールでご連絡します。最終的には開催日当日の朝6時頃決定しご連絡します。

・雨天延期、または中止となった場合に参加できなくなった方には参加費を返金させていただくか、1年以内の別の観察会に振り替えとさせていただきます。

申し込み締め切り

観察会の1週間前

参加費のお振込み

1.お支払い方法: 銀行振込(ジャパンネットバンク)、郵便振替、クレジットカード(VISAカード、MasterCard、アメックス)

2.参加費のお振込期限:お申し込みと同時に返送される自動返信メールの内容にしたがって開催日の2週間前までにお振込みください。開催日まで2週間を切っている場合はお申込み後1週間以内にお振込みください。

キャンセルについて

開催日2週間前以前のキャンセルは振り込み手数料、または決済手数料を差し引いた額を返金いたします。2週間を切ってのキャンセルの場合は返金できませんのでご了承ください。

※ウェブ講座のみの受講の場合はキャンセルはできません。当日都合がつかないときは録画での視聴をお願いします。

お申し込みフォーム

2019 ヤロウ観察会・申込みフォーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

参加希望 (必須)

【ウェブ講座+ヤロウ観察会】一般の方(6,000円)【ウェブ講座+ヤロウ観察会】飛ぶフラワーエッセンス教室のクラスを受講したことのある方(5,000円)【ウェブ講座+ヤロウ観察会】2019年の大阪市立大学附属植物園の観察会に参加された方(4,000円)【ウェブ講座+ヤロウ観察会】講座「ヤロウと境界」(Journey2)を修了、または在籍中の方(4,000円)

【ウェブ講座のみ】一般の方(4,000円)【ウェブ講座のみ】飛ぶフラワーエッセンス教室を受講したことのある方(3,000円)【ウェブ講座のみ】講座「ヤロウと境界」(Journey2)を修了、または在籍中の方(2,500円)

お支払い方法 (必須)
銀行振込(ジャパンネットバンク)郵便振替クレジットカード(VISAカード、MasterCard、アメックス)

通信欄

送信後に受付手続きのメールが自動返信されます。届かない場合はサーバの不具合やメールアドレスの入力間違いの可能性があります。お手数ですがお問い合わせください。

Share This