fbpx

クレマティス:自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス- H.Sさん

2021年8月15日

自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス

次の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1とSEED2(併せて約9か月間)を受講した方のSEED2修了課題として提出されたものです。SEED1、SEED2では毎回選んだフラワーエッセンスを約1か月服用して次の講座のときに、その経験を振り返りますが、その中で最も印象に残ったエッセンスについて書かれています。

こうした文章はとても私的な内容を含むので、必ずしも公開を勧めているわけではありません。公開しないで自分自身と、一緒に学んできたグループの中だけにしまっておくことも大事です。

けれども、ここに公開を許可してくれた方たちは、自分と似たような状況にいる人たちが、フラワーエッセンスがこんな形で助けになると知る機会の一助になれば、という思いから公開してくれています。ありがとうございます。

クレマチス

私に一番響いたエッセンスは『クレマチス』です。

初めて出会ったのはSEED2がスタートした頃に受講した【自分の根に養分を与える1-Dayワークショップ】でした。
あまり好ましくなくずっと隠し続けていたクレマチス的な部分、“彼女”を認めざるを得ない経験でした。

子供の頃の私は…
家族と出掛けると毎回一人だけ迷子になってしまう…
駅前の街頭募金で〔恵まれない子供達〕のフレーズに財布に入ってるお金を全部寄付してしまう…
猫と話せるのは当たり前…
押し入れの中で半分寝てるような半分妄想してるような、どこか遠い場所と通信してるような時間が大好きな子供でした。

当然親にひどく叱られもしましたし、子供心にも、まわりから浮いてしまうと感じるような“彼女”を、ずっと隠して生きてきました。
世の中でうまくやってゆくには、その方法しか知りませんでした。

『クレマチス』のエッセンスを飲んでから、最初は悪口にしか見えなかったエッセンスの説明文に段々と奥行きを感じられるようになり、ずっと隠してきた“彼女”に対して、よく今までガンバれたねぇ…ガンバってきたね…と素直に労いの気持ちが湧いてきました。
そして理想が高く心がキレイな“彼女”が傷付かないように守り、誰にも見つからないようにこっそりと育てていたような感覚があったことに気付き、実はとても愛しく感じていた事にも気付きました。

自分の中だけの秘密であった“彼女”の話をオープンに出来ること事態が、私にとってはとても大きな変化です。
これからは隠してしまうのでなく、折り合いの付け方を変えてゆこう(笑)
またフラワーエッセンスの力を借りることになりそうです。

最後になりましたが、高原先生を初めワークショップでお世話になった先生方、SEED1やSEED2・ワークショップ・植物観察会で一緒になった方々にお礼を申し上げます。
数々の私の貴重な体験の際に、そこに一緒にいてくださってありがとうございます。

H.Sさん (SEED1SEED2

★一般公開 ⇒ SEED2修了課題レポート

★「バッチのフラワーエッセンスを体験的に学ぶ」⇒ SEED1

★「バッチのフラワーエッセンスを体系的に学ぶ」⇒ SEED2


読んでくださってありがとうございます。もし、この情報が心に響いたら、下の💚のボタンを押していただけるとうれしいです。