ロックウォーターのフラワーエッセンス – S.Sさんの体験

2022年9月16日

ロックウォーターのフラワーエッセンス – S.Sさんの体験

ロックウォーターのフラワーエッセンス - S.Sさんの体験

私が選んだエッセンスは、ロックウォーター

理由は、講座の中でロックウォーターを体感した際、名前が伏せられているにも関わらず、私は「石のような、頑固、動かない、忍耐・・」と、ロックウォーターのネガティブパターンに近いイメージを言い当てたことだった。すごい!どうして⁉と思う反面、自分に無いものは感じることができないはずで、「もしや、わたし、石・・⁉」と、カウンターパンチをくらったような気持ちで決めた。

これまで私とロックウォーターの関係性は、ほとんど疎遠だった。定義の「厳格さ」は、当てはまらない感じがしていたし、せっかくフラワーエッセンスなのに、お花が入っていないのも少し気に入らなかった。改めて定義と向き合うと、ジワジワと自分かもと思えた。遊ぶのが苦手でケチケチする(禁欲的)、考えすぎていると人から指摘を受けるし、「ただ在ること」の素晴らしさがイマイチわからない(思考型)、他人がどうこうよりまずは自分を正したい(完璧主義)、体が硬い、はピッタリだ。

そして服用してすぐに、印象的な出来事が起こった。私は数年前に好きな男性に振られてしまい、その人のことをふと思い出すことがある。その時、いつもお決まりのパターンがあったのが、今回は違ったのだ。

いつものパターンは、例えば背格好のよく似た人を見たなどのきっかけあり、あの時ああすれば、と一人反省会をしつつ、フラワーエッセンスを使うなど工夫して、どうにか早く心から追い出そうとするのが常だった。今回は、車の運転中、突然自分の中から湧き出るように一緒にいた時の感覚が蘇り、「あーあ、寂しいなあ・・」と、言葉と感情が同時に溢れ出て、その中にすっぽりハマるようにしていたら、しばらくすると、水が流れるようにサーっとその人の存在が自分から離れて遠くへ行き、今までに無いくらいになんだかスッキリした。心の泉に突っかかった棒切れが取れた感じとでも言うか、まさしく「水」のように自然に感情が流れて遠ざかる感覚がハッとするほど新鮮で、エッセンスの作用を感じて不思議さとうれしさが入り混じった。

よし、この勢いで、したことのないことをしてみようと、さっそく友達に”用事は無いのに気分で”Lineしてみたら、なんてことはない、普通に楽しくやり取りができた。今度から「こんなこと、自分に許したらどうなるの?」と心が不安がったなら、「大丈夫、さほどのことはないよ」と答えよう。

補足

上の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室の講座SEED-BACH2を受講された方の修了レポートです。講座と講座の間にフラワーエッセンスを約4週間継続して服用し、その変化にていねいに向き合うという形で、フラワーエッセンスを使ったときの経験が書かれています。

公開可能なものを受講者の方の了解を得て公開しています。書籍では学べない生きた情報として参考にしていただけると幸いです。公開を了解してくださった方々に心から感謝します。

一般公開レポート ⇒ フラワーエッセンス体験談 – 最も印象に残ったフラワーエッセンス

★「バッチのフラワーエッセンスを体験的に学ぶ」⇒ SEED-BACH1

★「バッチのフラワーエッセンスを体系的に学ぶ」⇒ SEED-BACH2


読んでくださってありがとうございます。もし、この情報が心に響いたら、下の💚のボタンを押していただけるとうれしいです。