3月31日の状態からの続きです。折りたたまれていた特徴的な掌状複葉が展開してきました。茶色だった葉が徐々に緑色を帯びてくるにしたがって、葉は少しずつ広がってきました。

トチノキも、バッチのエッセンス、ホワイトチェスナットやチェスナットバッドのつくられるセイヨウトチノキも、どちらも特徴的な葉をしています。下の写真(セイヨウトチノキの葉)のように掌を広げたような、ヤモリの手のような形(掌状複葉:しょうじょうふくよう)です。

ホワイトチェスナットの葉

ホワイトチェスナットの葉

観察しているのは、2017年5月に鉢の中で発芽したトチノキの幼木です。葉が完全に展開した幼木を真上から見ると、下の写真のような特徴的な形が現れます。4つの複葉の、真ん中の小葉の先端結ぶと四角形になります。

トチノキの幼木

トチノキの幼木(2014年仙台市野草園)

 

 

トチノキ

4/6

トチノキ

4/5

トチノキ

4/8

トチノキ

4/11

トチノキ

4/11

ニュースレター登録

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。

ご購読ありがとうございます。

ご登録いただきありがとうございます。

Share This