フラワーエッセンスの性質と植物の関係:エルム

★この記事は更新から1年以上経過しています★

夏至を過ぎましたね。うちのベランダのオトギリソウは今蕾ですね。

さて、昨年の冬至から昨日の夏至までのSeeds of Angelicaの活動は、植物観察会を中心にかなり外的な活動を活発に行ってきました。ここからは活動の方向性が少し内的なテーマに移ると思います。2015年の前半の経験を内的に深めていく時期かなと思っています。その一つがフラワーエッセンス・リサーチプロジェクトで、もう一つが自分が経験したことを皆さんと共有することだと思っています。

昨年の冬至のころ僕が飲んでいたのはエルム(Elm)のエッセンスでした。エルムを例にフラワーエッセンスの性質と植物の関係、そしてその背景にある物語について書いてみたいと思います。どんな感じになるかなあ…。

1.フラワーエッセンス・エルムの性質

エドワード・バッチ医師はTwelve Healersの中でエルムを必要とする人の典型的なタイプについて「立派な仕事をこなしている人で、人生の呼び声に従い、何か大切なことをしたいと望んでいます。しかもその行いのほとんどは人類の利益のためです。しかし、時折、自分の担った責務があまりに難しく、人間の力では及ばないかのように感じられ、落ち込んでしまうことがあります」(*1)と説明していますね。

普段僕らがエルムを必要とするのは、背負っているものの重荷に圧倒されて自分の能力に自信を無くし落ち込んでしまうようなときです。バッチ医師はエルムを「落胆、失望」のカテゴリーに分類していますから、エルムはただ自分の能力に自信が持てないというだけでなく、自分自身に失望したり、情けなくなったり、消耗してしまったりするパターンがあるときに助けとなるエッセンスですね。

バッチ医師はフラワーエッセンスの必要な精神状態を自ら体験し、その状態に癒しをもたらす植物を探し出していったといわれています。チェリープラムやエルムは、バッチ医師が残した38のフラワーエッセンスの後半の19に取りかかり始めたときにつくられたもので、1935年の3月ごろということになります。そのときのバッチ医師の心境を想像してみてください。翌年の11月27日に亡くなったわけですから、背負った仕事の重荷に圧倒されたとしても決しておかしくはないでしょう。また、そのことを念頭に置いてTwelve Healersのエルムの記述を読み返してみることもできます。エルムのフラワーエッセンスはまさにバッチ医師のこの時期の精神状態の助けになるものだったのだろうとHealing HerbsのJ.バーナード氏は述べています。(*2)

2.エルムの木とエルムの花

エルム(Ulmus procera)の木は小石川植物園にあります。幹の周囲を実際に計ってみると、ちょうど5mありました。J.バーナード氏は「エルムを初めて見た時印象に残るのは、どっしりとした大きな柱のような姿です(proceraは背が高いことを意味しています)。この巨大な柱のような幹は、成長すると30m以上の高さになることが多く、幹周りはおよそ5mになります。」(*2)とエルムを初めて見た時の印象を語っていますね。

僕が初めてエルムを見たのは12月の小石川植物園でした。すべて葉を落としていた時期で樹形全体の形がよくわかりました。なんといってもその立派な幹が印象的でした。同時に幹とは対照的に、どんどん分岐して先端ではとても細くなる枝の細やかさが際立っていて、その二つのコントラストが印象的でした。

エルム -2015/2/1@小石川植物園

エルム -2015/2/[email protected]小石川植物園

そして、今年の3月8日の観察会の前日、エルムの木が花をつけた姿を初めて見ました。花が咲くと木全体の印象が変わります。エルムの花は高いところに咲くので間近で観察するのが難しく、しかも大きさも色も目立つような花ではないので、個々の花が開花しているかどうかを確認するには望遠レンズが必要です。けれども木全体の印象は、花が咲くとまったく変わります。冬の青い空を背景に立つエルムの姿はそれはそれで堂々として美しいのですが、花が咲くとその堂々とした感じに何か温度が加わるような、柔らかさが加わるような感じがしました。

エルム(2015/03/08)

エルム(2015/03/08)

『植物のかたちとはたらき』の中にも次のような記述があります。「花が咲くと、花の様子は力強い幹とは対照的です。ある著述家はエルムについて『エルムの花が3月に満開になると、木全体が陽光を浴びて暖かく輝く』と記しています。」(*2)

エルムを服用することによって、僕はずいぶん「軽く」なることができました。その辺のエルムの物語については改めて…。

————————

*1:ジュリアン・バーナード、マーティーン・バーナード 『Dr.バッチのヒーリング・ハーブス』 スミス・マキコ訳 BABジャパン 2003

*2:ジュリアン・バーバード 『バッチのフラワーレメディ植物のかたちとはたらき』 谷口みよ子訳 英国フラワーレメディ・プログラム 2013

*3:ジュリアン・バーバード 『バッチのフラワーレメディ植物のかたちとはたらき』 谷口みよ子訳 英国フラワーレメディ・プログラム 2013

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。