集中研修2023「自分のためにフラワーエッセンスをつくる」

2022年9月22日

集中研修2023「自分のためにフラワーエッセンスをつくる」

この集中研修は、飛ぶフラワーエッセンス教室で学ばれた方が、自分で自分のためにフラワーエッセンスつくることを体験する合宿形式の研修です。

2022年の研修の雰囲気はこちらを確認してください。

関連記事はこちらをご覧ください。

この集中研修の目指すところ

1.里山のやさしい自然のなかに身を置いて植物との時間を過ごす。

2.自分のために自分でフラワーエッセンスをつくる。

3.自分のためにフラワーエッセンスをつくる過程で経験したことと、フラワーエッセンスを日常に持ち帰る。

※この集中研修はプラクティショナーコースのクラスでもあります。

日程と内容

2023年5月3日(水)~5日(金)

この時期(5月はじめ)の花

フラワーエッセンスをつくれる可能性のある植物

カンサイタンポポ

カンサイタンポポ

キンポウゲ(ウマノアシガタ)

キンポウゲ(ウマノアシガタ)

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ

ヤマフジ

ヤマフジ

オニグルミ

オニグルミ

フラワーエッセンスの製法ついて

フラワーエッセンスの製法について

以下はフラワーエッセンスをつくることに関する関連記事です。

準備していただくもの

・筆記用具
・スケッチブック
・色鉛筆、絵の具など色をつける画材(好きなもの:色鉛筆、絵具など)
・ルーペ
・ガラスボウル(消毒済みのもの)
・ブランデー(マザーエッセンス用)
・ガラス瓶(マザーエッセンス保存用:ブランデーの入っているボトルでOK)
・フィルター(ろ過する人は準備)

・太陽法に使用する水は、名水として有名な美作市後山の湧き水をSeeds of Angelicaで準備します。

※準備していただくものについては事前にZoomde解説します。

参加資格

2022年の参加資格は、「開催時点でSEED1、またはSEED2、またはSEED-FES1を3回以上受講し、植物観察会、植物観察講座基礎上級のいずれかを1回以上受講された方」でした。

2023年については検討中です。

参加者の方の感想

研修に参加してくださった
Masako Watanabeさんと、
土橋 美苗さん、
中嶋 貴子さん、
そしてスタッフとして
大きな力を発揮してくれた
大迫景子さんと宮代ひろよさんが
素晴らしい絵、写真、文章などで、
今回の経験を共有してくださっています。
了解を得て紹介させていただきます。

講師、及びスタッフ

講師

高原大輔

Seeds of Angelica 高原大輔

講師プロフィール

スタッフ

オオサコ ケイコ

HEALING HORUS 主宰 (カウンセリング+エネルギーヒーリング、フラワーエッセンス療法)

20代後半から自分の生い立ちや家庭環境そして自分の傾向性、感情生活をハンズオンヒーリングやフラワーエッセンスを学びながら向き合い続けている。
自分の幸福感や充実感を味わえるようになることで他の人をエネルギーヒーリングやエネルギーレメディであるフラワーエッセンスを通して他の人のサポートをしていくことを生業としている。
と、書くとなんだかわかりませんが(笑
ただの自然が大好き、動物大好き、花を見るの大好きな人間です。

宮代 ひろよ

エネルギー療法院パナケイア 主宰 (心と体・スピリットのヒーリング)

子育てをきっかけに、自分の成育環境が子育てに及ぼす影響に思うところがあり、自分を癒すことに取り組み始める。
20年ほど前に現在も学ぶスクールに出会い、ハンズオンヒーリングやアルケミー、シャーマニズム、エネルギー心理学、フラワーエッセンスを学びながら、個人セッションと水素吸入サロンの運営を軸に活動中。こころとからだのこと、それらを繋ぐエネルギーのこと、より自由度高く生きることに尽きない興味がある。
自分が学ぶことと同じくらい、人が学ぶ場をサポートすることも好きな面倒見のよい(と思っている笑)タイプです。

会場

岡山県美作市上山
最寄り駅:和気駅

定員

12名

参加費、宿泊費など

以下は2022年の情報ですが参考までに掲載しておきます。2023年については検討中です。

1.参加費:38,000円 (和気駅、美作インターまでの送迎、宿泊施設から作業する場所までの送迎を含む)

2.宿泊費:2022年開催時は1泊5,000~6,000円程度(バンガロー1室4名~5名)でした。

3.周囲にコンビニなどはないので、2日目朝食、2日目昼食、3日目朝食は地元のサポートスタッフにお願いして軽食やお弁当などを準備してもらいました。3,000~3,500円程度(3食)。2022年は夕食を大芦高原 雲海のレストランでとりました。

新型コロナウィルス感染症対策

5月3日、チェックイン時に以下を確認させていただきます。

・平熱を超える発熱 (検温)
・咳、のどの痛みなどの風邪の症状
・だるさ、倦怠感、息苦しさ
・嗅覚や味覚の以上
・体が重く感じる、疲れやすい等
・新型コロナウィルス感染症陽性者との濃厚接触の有無
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされる国、地域等への渡航または該当在住者との濃厚接触の有無

お申込み

受け付け開始までお待ちください。

キャンセル・欠席について

以下は2022年のキャンセルポリシーです。参考までに掲載します。2023年については検討中です。

開催日の2か月前までのキャンセルは振込み手数料を差し引いて返金いたします。1か月前までのキャンセルはキャンセル料金5,000円と振込み手数料を差し引いて返金いたします。1か月を切ってのキャンセル、または不参加の場合は返金できませんので予めご了承ください。

Posted by daisuke takahara