ドングリは芽吹く前に安全な場で眠る

 

僕らの中にはドングリが眠っている

そのドングリは自分で芽吹く力をもっている

ドングリの力は私を超える自然の力

完全な私の木になるすべを知っている

ドングリに敬意を表して、ドングリの声に耳を傾けることを始めたい。

 

普段、僕らは経済活動や消費活動に忙しかったり、周りに気を使うことで忙しかったりして、自分の中に眠っているドングリのことなんかにかまけていられない。そんなことしてたら置いてかれかねないから。今の社会の流れの中ではそんな感じかもしれません。なかなかドングリのために時間を取ったりできない。

 

そんなときはフラワーエッセンスを生活に取り入れよう。そうすれば自然に自分に意識を向ける時間をつくることができます。フラワーエッセンスを選ぶときや、その効果を評価するときには自ずと自分の内側に目を向けるようになります。

そして、フラワーエッセンスは心の少し深いところで感じたり、考えたりしていることに気づくのを助けてくれます。それはつまりドングリの声に耳を傾け始めることですね。

 

ドングリの芽吹きを実現するための二つ目の鍵は、種子の休眠期間だと思います。

植物の種子はたいてい発芽する前に、眠りの時間(休眠期間)をもっています。短いものもありますが、中には10年を超えるようなものもあります。眠って時を待ちます。そして外的な環境、たとえば水分とか、温度とか、酸素とかの条件が揃ったことに加えて、休眠状態が解除されてはじめて、眠りから覚めて発芽するわけです。

 

僕らの中のドングリも眠りの時間をもっているんだと思います。安全な場で眠ること。安全な場で守られながらドングリと一緒に夢を見ること。

ドングリが硬い殻で守られているように、僕らも外界としっかりした境界を保って、安全な場で守られながらドングリと一緒に夢を見ていいんだと思います。ドングリが暗い大地に根を伸ばして、発芽して成長していくのに必要なエネルギーを吸収できる態勢が整うまで待ちましょう。

 

その間は、大切なドングリを無闇に外界に晒したり、理解のない人にドングリの話をしたりしないで、安全な場でドングリとの信頼関係を育てていきましょう。安全じゃないところでは自分の胸の中にしまっておく強さ、秘密にしておく強さ、それはつまりドングリを守る殻でもあります。

殻が弱かったり、脆かったりすると、自分の外側にエネルギーが漏れ出してしまいます。もし、無意識に自分以外のことにエネルギーを使って消耗しやすいようなら、自分が本当にやりたいことに使えるエネルギーを増したいですね。ドングリのために使うエネルギーの優先順位を上げましょう。

 

もちろん、ドングリは完全な私の木になるすべを知っています。けれども、ドングリが芽吹くには、そして芽吹いた後その芽が成長していくには、それを支えるだけのエネルギーが必要です。休眠期間は自分のエネルギーの使い方をドングリに向け直すための時間でもあると思います。

 

レッドチェスナットの冬芽

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。